アルバイト探し 完全マニュアル

3.電話でのマナー

電話応募はWEB応募と同じく、選考判断のひとつとして、しっかりチェックされています。言葉づかいは正しかったか、話し方は丁寧だったか…応募する時だけでなく、問い合わせや採用後の連絡も含めて、電話でのマナーには十分気をつけてください。


(1)準備

電話の最中に慌てなくてすむように、以下のものをあらかじめ用意しておきましょう。

  • これから電話をかけるアルバイトの求人情報
  • 企業側に確認したい内容、質問項目
  • 筆記用具とメモ帳
  • スケジュール帳またはカレンダー
  • 応募完了通知メール

(2)いざ、電話!

電話をするのは苦手という人もいるかもしれませんね。でも、落ち着いてしっかり話せば大丈夫。特に電話応募は確認ポイントが決まっていますので、トーク例で流れを理解してから臨みましょう。

スタッフ:
「お電話ありがとうございます。バイトカフェ□□店でございます。」
応募者:
「バイトカレッジで御社の求人情報を拝見し、お電話しました、○○と申します。アルバイト採用ご担当者の△△さんは、いらっしゃいますでしょうか?」
スタッフ:
「少々お待ちください。」
採用担当者:
「お電話かわりました。採用担当の△△です。」
応募者:
「バイトカレッジで御社の求人情報を拝見し、お電話しました○○と申します。ホールスタッフの求人に応募したいのですが、まだ受け付けていらっしゃいますか?」
採用担当者:
「はい、募集しています。それでは、まず面接にお越しいただきたいのですが、ご都合のよい日時はありますか?」
応募者:
「大学の授業が終わる平日16時以降に面接をしていただけると大変嬉しいのですが。」
採用担当者:
「それでは8日火曜日の17時からではいかがでしょうか?」
応募者:
「ありがとうございます。その時間で大丈夫です。面接時に何か必要な物はありますか?」
採用担当者:
「写真を添付した履歴書を持ってきてください。」
応募者:
「わかりました。それでは、8日火曜日の17時に□□店にお伺いしたいと思います。」
採用担当者:
「お待ちしております。」
応募者:
「それでは当日よろしくお願いします。どうもありがとうございました。」

ポイント

電話をかけたら、まず、自分の名前とバイトカレッジを見てのアルバイト応募だと用件を伝えるようにしましょう。

ポイント

採用担当者が電話にでるとは限りません。応募完了通知メールに担当者の名前が記載されていますので、担当者に繋いでもらえるようお願いしましょう。

ポイント

求人情報についての質問の場合も採用担当者に尋ねましょう。その際に求人情報をみれば分かることを確認することはNGです。



ポイント

スケジュール帳を確認し、必ず面接に行ける時間を伝えましょう。もし、特に希望がないのであれば、「御社のご都合の良い日時はありますか?」と聞きましょう。

ポイント

面接日時や面接場所は必ず復唱して間違いがないことを確認してください。

ポイント

最後はきちんとお礼をしましょう。また、相手が電話を切ってから受話器を置きましょう。

このページの先頭へ

(3)電話応募の注意ポイント

電話をかける時間帯に注意しましょう
問い合わせ可能時間を守ることは当然ですが、それ以外にも企業や店舗の忙しい時間帯に電話をかけることはなるべく控えましょう。
【避けたほうがよい時間帯】
一般企業:始業時間から1時間、昼休み時間(12:00~13:00)、就業時間以降(18:00~)
飲食店:ランチタイム(11:00~14:00)、ディナータイム(17:00~)
携帯電話で問い合わせをする場合は、電波の良い場所で!
携帯電話を使う場合は途中で途切れたりしないよう、電波状態が安定した場所からかけましょう。また、聞き間違いを避けるためにも、なるべく静かな場所で問い合わせを行うことをお勧めします。

このページの先頭へ

(4)もし、電話をかけた時にこんなことになったら…?

担当者が不在だった場合
→担当者がいる時間を聞いて、後でかけなおしましょう。
例:「では、また改めてご連絡したいのですが何時頃ならよろしいでしょうか?」
留守番電話だった場合
→そのまま、留守番電話にメッセージを残しましょう。
例:「『バイトカレッジ』の求人情報を拝見して、お電話しました○○と申します。また改めてご連絡させていただきます。」
別の時間にかけなおして欲しいと言われた場合
→忙しい時間にかけたことに対してお詫びをし、改めて電話をかける旨を伝えましょう。
例:「お忙しいところを失礼いたしました。○時頃にまた改めてご連絡させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。」
途中で電話が切れてしまった場合
→すぐにかけなおして、お詫びしましょう。
例:「先ほどは電話が切れてしまい、失礼いたしました。お話の続きをさせていただいてもよろしいでしょうか。」
すでに応募が締め切られていた場合
→ひとこと添えてから、電話を切りましょう。
例:「次の機会があればまた応募したいと思います。失礼いたします。」
さっそくアルバイトに応募する!

このページの先頭へ